卯月遥夏

「…えっと…こんな感じかな。へへっ、いっただき~!」

基本情報

卯月 遥夏
うづき はるか
UDZUKI Haruka
種族 人間
性別 身長 156cm 体重 45kg
生年月日 2080年04月08日
拠点場所 仁藩 那羅
所属 国立那羅大学 人文学部 文化心理学科(2年生)

概要

 旧都の食品雑貨店兼食堂卯月屋の長女。喜多原神社は近所であり、喜多原兄妹とも家族ぐるみでの付き合い。生まれながらのオッドアイを持つが(左が碧、右が赤紫)、目立つのでカラーコンタクトで隠している。京那電車バス衝突事故の際に昼守琥珀と睦海を庇ったことから瀕死の重傷を負い、助けてくれた幼馴染の喜多原辰水に好意を持つ。事故をきっかけに一度見たものや技を完全記憶し、コピーからアレンジまで魔術で可能とする能力と卓越した運動神経を持つ天才。内面は感情豊かで困っている人を見捨てることができない普通の女性である。武器はガラス工房で作ったネックレス。辰水と一緒に作った思い出の品ではあるが安物のはずなのに彼女の魔力と意思により刃にも媒体にも変わる不思議な品である。