アサエ・セルシェル

今ではない時、ここではない世界、どこかの国、
空から地上に舞い降りた天使がいた。
主である神よりも人を愛する事を選んだその天使の翼は、
二度と空高く羽ばたく事はなかった。

「……だけど、もう一度、あの空へ。」

――とある世界とある国に伝わる、短い音楽に付加された詩より

基本情報

アサエ・セルシェル
Asae SÖLLSCHER
種族 神族アンリ・マニュ
性別 身長 165cm 体重
生年月日 1100年頃以前(外見20代前半)
拠点場所 仁藩 那羅
所属 内閣神事案対策室 [2096年~2100年04月]
検神局 本局 第一室(一等官) [2100年05月~]

概要

 人に害為す神であるアンリ・マニュによって生み出されたが、人を愛したが故に“堕天”した女性神族。特に、愛した人の子孫を追いかけ辿り着いた仁藩の地で、人に害為す神々の行動に対処しながら、(“しゅ”)が考えを改めてくれること、そして自分も再び天界に帰れる事を願っている。
 少しウェーブ掛かった長めの金髪、少しツリ気味の透き通るような碧眼、肌は白色系。一人称は「オレ」、喋りもそこまで丁寧では無い。基本的にはクールであるが、厚い情を静かに持っている。

その他

《⁑アピンの矢》

(あぴんのや/the Arrows of APIN
 アサエがアンリから授かった能力。アサエがこの矢を放った先の地点に、世界の外側から大きな隕石を降らしその土地を焦土化する。その土地には二度と太陽の光が届くことはなく、死の大地になると言われている。