神々は飽きていた。
神々は各々好きな世界を創り、壊し、
また創り壊していた。